FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活動内容

まず、当部の目的は"プロジェクトを目指す"こと。
未知なもの、誰も行ったことがない場所、誰でもそういった物への好奇心を持っていると思います。 我々立正大学探検部は自分が知りたいことややりたいことへの好奇心をエネルギーにしてやがては前人未到を成し遂げることを目標に日々活動しています。
プロジェクトを目指すために授業期間中の週末や長期休みを利用して下記のような活動もしています。

■ラフティング [Rafting]

《クリックで写真拡大》
ラフティングとは、激流の川をくだるためのゴムボートのことです。パドルと呼ばれるオールを持って、4人~6人の大人数でくだります。迫力満点の波、目の前にかかってくる水しぶき。アトラクションのようなスリルを味わうことができるのが、ラフティングの魅力であると言えるでしょう!大人数で乗るのが嫌いな人、激流が苦手な人はラフトより小さい2人用のダッキーで、のんびり川くだり(リバーツーリング)もお勧め!自然に包まれながらの川くだりは、本当に心が癒されます。探検部では4月に、この川くだりの体験合宿を行います。是非、ご参加ください!

■無雪期登山 [Trecking]

《クリックで写真拡大》
誰でも一度は登山をしたことがあると思います。 無雪期とは山域にもよりますが主に5月~11月になり、日常生活では決して見ることのできない世界に出会うことができ、みんなでテントを立てたり料理したりと楽しく充実した共同生活を行います。 日帰りから一週間以上の長期など、様々な形式で行っています。

■自転車 [Cycling]

《クリックで写真拡大》
自分が決めた目的地(ゴール)までひたすら漕ぐ。 長期になることが多く、その場合テント泊や安いHotelに泊まりながら進む。 自転車は、普段利用するようなシティサイクル(ママチャリ)からオフロード用のMTB(マウンテンバイク)、競技用のロードレーサー、ロードレーサーとMTBを合わせたクロスバイク、その他、折りたたみ自転車、タンデム(二人乗り)、三輪車、走ることが出来るなら何でもOK! 海外に行く場合、日本から自転車を持っていくことも可能で、世界一周ってのも夢じゃないのです!

■歩き歩き [Walking]
線路沿い、街道、その他気になるあの場所まで…目標を定めて歩き続ける。 変わり続ける風景を楽しんだり、色々な人と出会ったり。 頼りになるのは己の脚のみ。 日常に隠された大切なものに気付けるかも!

■企画合宿 [??????]
これ面白いんじゃない?と閃き、実行に移すアイデア勝負の活動。 過去にはスーツ・ハッピ登山、不老不死の秘薬探し、温泉掘り、樹海で探検部テーマ曲レコーディング、奄美大島の妖怪ケンムン探し、"急がば回れ"検証、無人島サバイバル…などが実行されました。 何をやるかはあなた次第!

■シーカヤック [Sea Kayak]

《クリックで写真拡大》
2005年の"トンガ王国 シーカヤック"遠征で使用されたのがこのシーカヤック。 どこまでも続く広い海原を自ら漕いで進む開放感がたまりません。

■クライミング [Rock Climbing]

《クリックで写真拡大》
目の前に立ちはだかる岩壁をひたすら攀じ登る、クライミング。 最近メジャーになりつつあるスポーツです。道具の有無でアルパインクライミングとフリークライミングに分類されます。 はじめの内は室内の人口壁で慣らしていきましょう。筋骨粒々な必要はありません。クライミングの魅力は何と言っても登りきった時の達成感です!学校の近くにもジムや天然の岩場がたくさんあるのでいっぱい登りましょう。

■沢登り [Shower Climbing]

《クリックで写真拡大》
日本独自の登山形態の一つで、 沢を登り詰めて山頂を目指します。 現在では一般登山道を使わないバリエーションルートとして楽しまれています。 滝や淵、一般登山道を使わないので手付かずの自然や生物と接することができるのも魅力の一つです。 また、無雪期登山と比べると不確定要素が多く、リスクが高くなるので登攀能力、ルートファインディング、天候予測など総合的な山の技術・経験・知識が必要となります。

■積雪期登山 [Mountaineering]

《クリックで写真拡大》
大まかに11月~12月を初冬期、1月~2月を厳冬期、3月~4月を春期、5月~6月を残雪期と分類されます。 雪上での活動では特別な装備が必要で体力的にも難易度的にも困難になり、沢登り同様バリエーションルートになる場合が多く、加えて雪崩や吹雪に対しての予測・対策が求めらます。 知恵と体力の限りを尽くして望む、光と影が醸し出す厳しく幽玄な世界が雪山の魅力です!

■ケイビング [Caving]

《クリックで写真拡大》
現在地球上で最も謎に包まれたフィールド、洞窟での活動。 狭い空間を縦や横に進み続けると、突然広大で不可思議な景観と巡り会う…探検要素が非常に強い活動です。 地上では味わえない感覚や魅力が盛り沢山です。
スポンサーサイト

推奨ブラウザ

Internet Explorer 4.0以上
mozilla Firefox 1.0以上
モニタ解像度: 800*600以上
JAVA SCRIPT: ON
探検部とは
部員紹介
年間活動
カレンダー
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
コンタクト
探検者の数
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
R.U.E.C. BLOG for Mobile
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。